よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

時計修理全般

どんな時計でも修理していただけますか?

コピー商品や改造腕時計の修理は原則お断りしております。

また年式の古い時計や、メーカーによって部品が手に入らない、もしくはスイスオーダーになり、手に入れるまでに暫く時間がかかる場合などがあります。

代替品を使える場合は代替品で賄う場合もありますが、その部品が特殊なものだった場合などは、修理ができない場合もございます。 状態やブランドによりますので、まずは気軽にお問い合わせください。

オーバーホールの料金はどのように決まっているのですか?

横浜元町時計店のオーバーホールの流れ

①ムーブメントすべてのパーツを分解・洗浄
②パーツの組み上げ
③外装の仕上げ

この際、すべてのパーツを確認し、摩耗している部品などは交換します。
純正パーツを使用するので、パーツ代や複雑な機構のムーブメント(クロノグラフやカレンダー機能など)の技術料から金額が決定していきます。

まずはご相談ください。

オーバーホール行う頻度はどれくらい?

一般的に機械式腕時計は3~4年に一度、クオーツ式腕時計は4~5年に一度オーバーホールを行うのが望ましいです。

定期的なオーバーホールを行わないことで、重要なパーツの摩耗・故障・欠損を引き起こすこともあります。
余計に修理費用がかかってしまう場合がございますので、是非とも定期的にオーバーホールを行ってください。

オーバーホールはなぜ必要なの?

時計は、長年使っているとパーツの磨耗が進み、使用していなくても油は劣化します。
防水加工が施されていても、ゴム製パッキンが劣化したり、湿度の変化などで少しずつ錆びていきます。
定期的なオーバーホールを行うことで、時計の寿命が格段に伸びて、長年ご使用いただけます。

ガラスが曇ってしまった。

すぐに修理が必要です。
ガラスの内側が曇ってしまうのは、時計の中に入った水分と温度差が原因です。
そのままにしておくとサビや腐食をおこしてしまうため、少しでも曇っていたらすぐに修理されることをお勧めします。

リューズを回しても手応えがなく、時間調整ができません。

原因として、リューズそのものの不良、またはリューズと連動する歯車やレバーの不具合などが考えられます。

ほとんどの物がオーバーホール・パーツ交換で直りますので、ご安心ください。

まずは、故障箇所の確認をさせていただきます。
お見積りをお伝えしてご了承をいただいたのち、修理に取り掛かりますので気軽にご相談ください。

時間が急に進むことがあります。

時計のリズムに狂いが出ている可能性があります。
内部のヒゲゼンマイが絡んだり、汚れが付着していることが原因かもしれません。

ほとんどの物がオーバーホール・パーツ交換で直りますので、ご安心ください。

まずは、故障箇所の確認をさせていただきます。
お見積りをお伝えしてご了承をいただいたのち、修理に取り掛かりますので気軽にご相談ください。

機械式時計

突然、動かなくなりました。

機械式の場合、内部のパーツが破損・故障したことが考えられます。

ゼンマイが切れてしまったり、パーツが外れていたり、状態は様々です。
ほとんどの物がオーバーホールで直りますので、ご安心ください。

まずは、故障箇所の確認をさせていただきます。
お見積りをお伝えしてご了承をいただいたのち、修理に取り掛かりますので気軽にご相談ください。

手巻き時計

秒針が2秒、4秒ずつ進みます。

電池切れのサインです。
電池交換で正常な動きに戻ります。

まずは、故障箇所の確認をさせていただきます。
お見積りをお伝えしてご了承をいただいたのち、修理に取り掛かりますので気軽にご相談ください。

オートマチック時計

遅れたり進んだり時間がズレます。

油切れや汚れが主な原因の可能性があります。

また、気温により時間がズレることがあります。
夏はやや遅れ、冬場はやや進みがちです。

機械式時計はクォーツ時計と違い、日に±10~30秒前後のズレが生じます。
こちらは、調整することが可能です。

しかし、一日単位で秒数のズレが大きい場合はオーバーホールが必要なタイミングです。

まずは、故障箇所の確認をさせていただきます。
お見積りをお伝えしてご了承をいただいたのち、修理に取り掛かりますので気軽にご相談ください。

着用直後は動くのに、すぐに止まってしまいます。

油切れや汚れにより、内部パーツが摩耗している可能性があります。

ほとんどの物がオーバーホール・パーツ交換で直りますので、ご安心ください。

まずは、故障箇所の確認をさせていただきます。
お見積りをお伝えしてご了承をいただいたのち、修理に取り掛かりますので気軽にご相談ください。